再生医療

これからの再生医療

ips細胞は非常に有望な人口多能性幹細胞ですが、現段階ではまだまだ不安定な細胞もあり、不完全な細胞のまま移植するとがん化するリスクがあると報告されています。しかし九州大学生体防御医学研究所の鈴木淳史准教授の研究チームではマウスの皮膚細胞からips細胞を経ること無く肝細胞を作ることに成功しました。しかもこの実験ではips細胞から肝細胞を作る場合に比べてもより確実に肝細胞に変化させることが可能で、人間への移植にも応用が期待できるという報告がされています。

肝細胞は中国の研究チームの研究が進んでいますが日本では始めてのことでした。鈴木淳教授の研究で採用されたのは線維芽(せんいが)細胞という皮膚の細胞に遺伝子を加え培養することで目的とする肝細胞に変容させる「ダイレクト・ リプログラミング」と言われる技術です。

ips細胞も同じように線維芽細胞から作られ、どんな細胞にも変化できる能力を持っていますが、その万能性ゆえに目的の細胞に絞って変化させるのが難しく、不安定な状態で体内移植をすると体内でがん細胞に変化する危険性が高いとされています。鈴木准教授のチームが採用している「ダイレクト・ リプログラミング」技術はips細胞を使わない方法として近年注目を集めています。

世界的にはこれまでに神経、血液、心筋の細胞をこのダイレクト・リプログラミング技術を用いて作成に成功したケースがあります。鈴木准教授によればips細胞から目的の細胞を作り出す場合と比べ、作業時間も大きく短縮できるのでヒトでの研究も進めて行きたいと語っています。このように再生医療は日進月歩で進化しているので今後ますます広がっていく可能性が高いと思われます。