再生医療

現在の再生医療

臓器移植や人工臓器の利用ではドナー不足や移植後の拒絶反応といった問題がありました。そこで登場したのが、その臓器の機能を代替できる細胞を補充するという治療方法です。これが細胞レベルでの再生医療です。細胞レベルの再生医療においては幹細胞の働きを応用し、組織再生を促すことで治療効果を得ることが出来るといわれています。

これには体外で培養増殖させた幹細胞か、あるいはその幹細胞から分化させた組織を損傷部位に移植する方法、そして損傷部位の傍にある正常な幹細胞を人為的に活性化させて分裂誘導をおこさせる方法とがあります。そもそも生物の体内には失ったものを再構築することが出来る細胞が存在します。

代謝によって皮膚が再生したり髪の毛が伸びたり、肝臓の細胞も再生する細胞として知られています。このような再生能力を持つ細胞を幹細胞と呼びます。幹細胞には何種類かの細胞に分化する多分化能と分化した細胞を生み出し、幹細胞が枯渇しないように自己複製する能力という2つの性質を持っています。

また幹細胞には造血幹細胞・間葉性幹細胞・肝幹細胞などいくつかの種類が存在しそれぞれが固有の分化能力を持っています。これを体性幹細胞とよびます。現在これらの体性幹細胞を利用した再生医療として有名なのが白血病の治療で行われる骨髄移植や患者さんの皮膚を使って培養増殖した再生皮膚をやけどの患部に移植する皮膚移植です。

また角膜移植や骨移植なども実際に臨床治療での実績を残している再生医療です。また肝臓や腎臓、心臓などの臓器の再生が注目を集めていますが現時点では研究段階で実用化には至っていません。