再生医療

日本で開発された再生医療

iPS細胞は2006年に京都大学の山中伸弥教授によって発見されました。ips細胞とは新しい多能性幹細胞で再生医療を実現させるために重要な役割を担うと期待されています。それではips細胞の詳細をご説明しましょう。人間の皮膚などの体細胞にごく小数の遺伝子を導入し、その後数週間培養すると様々な組織や臓器の細胞に分化する能力と、ほぼ無限に増殖する能力を持つ多能性幹細胞に変化します。

この多能性幹細胞のことを人工多能性幹細胞 (induced pluripotent stem cell:iPS細胞)と呼びます。名付け親は世界で始めてこの細胞の培養に成功した京都大学の山中伸弥教授でした。この人工多能性幹細胞の英訳の頭文字を取ってips細胞と呼びます。山中教授のチームが見出した遺伝子の操作で分化再生を起こさせる技術は再現性が高くまた比較的容易であり、幹細胞研究分野における革命的な発見と言われています。

ips細胞は様々な病気の原因の解明、新薬の開発、細胞移植治療などの再生医療に応用できると考えられています。例えば難治性疾患の患者さんの体細胞からips細胞を作り、それを神経、心筋、すい臓、肝臓、腎臓などの患部の細胞に分化させます。その患部の細胞の状態や機能がどのように変化していくのかを観察することで今までには不明とされた病気の原因が解明される可能性があるのです。

またその細胞を培養してつくられれた人工臓器を利用すれば、人体実験をすることなく新薬の有効性や副作用を評価する検査や毒性のテストなどが可能になり、飛躍的に新薬開発のスピードが速まると期待されています。そして安全性が確認されれば患者さん由来のips細胞から分化誘導した組織や臓器の細胞を移植する細胞移植治療分野での再生医療への応用も夢ではありません。