再生医療あれこれ

美容整形

再生医療は医学的な臨床的アプローチだけではなく美容整形の分野でも注目されています。最先端の再生医療では私たち人が本来持っている自然治癒力の中の再生能力を人為的に最大限引き出すことで、身体の失われた機能や形状を元の状態に戻す究極の医療と呼べるものです。

近年では美容医療とよばれる分野で豊胸術や肌のしわやたるみを改善するアンチエイジング治療、薄毛治療などで注目され普及しつつあります。また患者さん自身の脂肪層から採取した幹細胞をマイナス150℃の窒素タンクに入れて凍結保存し、将来的な疾患治療などでこの凍結組織を利用するための保険として預かる幹細胞バンクというサービスも登場しています。

それでは美容再生術のいくつかを紹介しましょう。セリューション豊胸術とは太ももやお腹など患者さんの気になる部位から脂肪を吸引し、その脂肪に含まれる幹細胞を分離、濃縮してバストへと注入する再生医療です。従来のシリコンや生理食塩水に比べて見た目が自然で硬さも程よく柔らかく自分自身の脂肪組織を用いるため拒絶反応やカプセル硬縮の心配も無く生着率が70~80%と高いため安心で安全な施術といえるでしょう。

セリューション豊胸術と同じ原理を応用したのがセリューション若返り術です。これも気になる部位から吸引した脂肪とその脂肪から分離、濃縮した脂肪由来幹細胞を顔のしわやくぼみに注入する再生医療です。こちらも従来のボトックスやヒアルロン注射による治療よりも持続効果も長く仕上がりも自然でなおかつ安全性も高い施術となっています。このほかにも毛球由来の幹細胞を用いて毛髪の再生を行うHARGも薄毛や抜け毛の根治治療として安全で確実な施術として注目を集めています。